毎日の体重記録がダイエットの支えになった

私は28歳の時に炭水化物制限ダイエットをし、81kgあった体重を半年で58kgまで落としました。
いつも食べてるご飯やパン、間食をやめて摂取カロリーを1000kcal以内に抑えるようにし体重を減らしたんです。
しかし食事制限でいくら体重を減らしても続かなければ意味がありません。
ダイエットを継続するのに大きな支えになったのは、毎日の体重記録でした。
今でいうレコーディングダイエット、このおかげでモチベーション維持出来ました。

体重計測は決まった時間にしてました。
食事前後で体重ってkg単位で増えます。
夕食と入浴を終え、髪の毛も乾かしたら体重測定してました。
出来るだけ測定時の状態を同じにしないと、正確な体重は計れませんからね。

で、今日の体重は78.2kgだった、昨日は78.6kgだったから400gも減ったと喜んだり、昨日から全然変わってない、むしろ0.1kg増えたってなると翌日は普段より少ない目の食事にして体重を落としたりしてました。

あと、毎日の体重を記録してると、体重の推移とかもわかりやすいんですよね。
推移を見てそろそろ停滞期に入りそうだとか、そろそろ停滞期を抜けて体重が減りだす頃だ、もう一頑張りしようと心の支えにもなりました。

ダイエット後はリバウンドが怖いですが、これも体重計測のおかげで助かってます。
食事制限はやめてますが、体重記録を続けてるおかげで体重が増えたらすぐ落とせるんです。
このおかげで気づけば体重元通りっていう惨事にもならず、今も60kgあるかないかの体重を維持できてます。

PR|表参道のエステサロンでダイエット