クレジットカードの加盟店手数料

最近の店舗ではドンドンとクレジットカードが使えるお店が増えています。

特に、夜のお店とか男性向けのマッサージ店などでも使えるお店があるようです。

加盟店手数料は利用回数ではなく、利用金額に対してのパーセンテージでやりとりされています。
例えば、加盟店手数料が3%に設定されている場合は、1,000円で30円の手数料
10,000円で300円の手数料といった感じです。そのためクレジットカード会社では利用金額が
大きければ大きいほど利益になるわけです。

例えば家電量販店である現金特価ですが、クレジットカードで支払うよりも現金で支払えば
安くしてもらえるといったものです。これも加盟店手数料が関係しています。
というのも、お店からしたらクレジットカードで支払われると加盟店手数料分は損をしてまうので、
お店としても現金で支払ってもらったほうがお店の利益が大きいため、現金支払いを進めてくるというからくりです。

加盟店手数料の仕組みはお分かりになったと思いますが、利益を多くするには
多くの人にたくさん使ってもらわなければいけないわけです。

でもクレジットカードに特典がなければ、利用者としてはメリットがないのでクレジットカードを使うとお得!
と思ってもらうためこのようなポイント制度を導入しているというわけですね

PR|ハウスメーカーの内覧会ではここをチェック!|

コメントを残す